日々の疲れを取るのは大事なこと

女性7

私が健康のために気をつけていることは、

できるだけその日の疲れはその日のうちに取るということです。
とはいっても、その日のうちに疲れが取れることはないので、
厳密にはその日の夜の睡眠でということになりますかね。

 

とにかく疲れって、何もしないと自然に溜まってしまうものだと思うんです。
だから、1日の終わりにストレッチをしたり、半身浴をしたりと、
いろいろな方法を使って、体を癒す時間を取るんです。

 

疲れの取り方はその日の活動内容によって決めています。

 

例えば、今日は体をあまり使わずに、頭を良く使った日でしたので、
ストレス解消をメインと考えて、車の中で大声で歌を唄って、
家に帰ったあとは、ウォーキングと深呼吸を10分ずつ行いました。

 

体を使った日には、半身浴とかマッサージやストレッチを行って、
できるだけ固くなった筋肉をほぐすように心がけます。

 

あと、1ヶ月に1回は内臓を休ませる日と位置づけて、
固形物を何も食べない日にして、体をリセットしています。

 

昔はあまりこういうことを気にしなかったので、気が付くと疲れが溜まり、
そのまま体調を崩してしまうということがよくありましたが、
今は疲れをすぐに取るように努力しているので、体調が悪くなることはほとんどないです。

 

また、疲れが溜まることに敏感になってきたので、
それに気づいたら、すぐにしっかりと休息をとるように心がけています。

 

動かないで疲れているなら体を動かしますし、
動いて疲れている場合は、とにかく体を休めるといった感じで疲れを取ります。

 

疲れがたまっていると、気づかないうちにいろんな能力が落ちてしまっていますし、
小さなことで落ち込んでしまいやすくなりがちです。
毎日しっかりと疲れを取ることを心がけて、楽しく毎日を過ごしていきましょう!!