睡眠と健康は密接な関係にあります

健康に必要なモノは、大きく分けて食事、運動、睡眠の3つです。
さて今回は、睡眠という部分をよく見てみましょう。

 

睡眠は、人類が確実に必要としているものです。
72時間寝ていないと、人間は死んでしまうというほど、睡眠は大事なのです。

 

この、ライフスタイルとして現代人が抱える悩みとして、夜の生活が普通になっていることです。
夜のお店やネオンでいっぱいの街だけではなく、24時間営業のコンビニであったり
深夜番組の多様化など、夜に起きていることが当たり前になっていることなのです。

 

不眠という現代人の不健康は、知らない間に習慣化されているのかもしれませんね。
人間の脳は、起きている間は猛烈な勢いで動いています。
脳を使っているとヒートアップして、脳の機能は低下して行きます。

 

人間の脳は睡眠によって、脳の機能を回復させて、リフレッシュさせていくのです。
睡眠中には成長ホルモンが分泌されていて、新しい肌の成形や、子供の成長が期待できます。

 

逆はもうお分かりのように、成長ホルモンが上手く分泌されなくなって、
肌が荒れたり、免疫力がなくなり風邪を引きやすくなったりします。

 

睡眠は、その質の向上にも、気を使わないといけません。
夜更かしや不規則な食事、運動不足、飲みすぎ、ストレスなど、不眠に関するモノは現代には多すぎますね。

 

健康に関することは、やはり食事、運動、睡眠の、どこにでもつながってくるのが不思議なところですね。
睡眠の部分からスクロールしていきますが、やはり運動不足や不規則な生活は健康によくない影響を与えるということです。

 

改善策としましては、「自分が健康に良いなと思うことを少しずつ増やして行く」ということです。
それとは逆の考えで、「自分が健康によくないなと思うことを少しずつ減らして行く」ということです。

 

はじめは効果が分かりにくいですが、ゆっくりと健康に向かいますので、癖となって続けることが出来ます。
健康は、健康の積み重ねが大切ですね。