足を鍛えることが健康に繋がる

昔からよく、「老化は足からやってくる」と言われてきました。
それは本当のことだと思います。

 

高齢者でも元気な方はたくさんいらっしゃいます。
特に最近の高齢者は、いつまでもお元気ではつらつとした方が大勢いらっしゃいます。
そういった方の生活を見てみると、積極的に身体を動かしている方が多いようです。

 

中でもウォーキングをしている方が多いようです。
一昔前に比べて、高齢者の方のウォーキング姿をよく見かけるようになりました。

 

積極的に足を動かすことは健康に良いことが、証明されているようです。
ウォーキングをしている高齢者が多くなった今、いつまでもお元気な高齢者が多くなっているような気がします。

 

これは非常に素晴らしいことだと思います。
元気で長生きしたいのは、誰もが願うことです。

 

一昔前の高齢者は、あまり健康でないイメージがありました。
中には元気な高齢者もいらっしゃいましたが、数は少なかったように思います。

 

新聞の見出し広告を見ても、足を鍛えると言った健康法がたくさん紹介されています。
テレビの健康番組でも、足を鍛えて健康を維持していく、と言った内容のものが、多く紹介されているような気がします。

 

足を鍛えることの中でも、歩くことはもっともポピュラーな健康法だと思います。
そして、歩くことによって足の裏のツボも刺激されます。

 

足の裏には身体の全てのツボがあると言われています。
歩くことによって、足の裏のツボが自然と刺激されて、さらに健康になっていくのではないでしょうか。

 

青竹踏みも健康法の一つです。
これも足の裏のツボを刺激して、健康になるという昔から伝わる方法ですね。

 

やはり、健康を保つためには、足を鍛えることが必要不可欠にような気がします。
少し運動を頑張りすぎて、筋肉痛になってしまうこともあるかもしれません。

 

運動も大事ですが、そのあとのしっかりとしたケアも大切だと考えます。
この両方をきちんと行うことが、よりよい健康法に繋がるのではないかと思います。